原油先物┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、原油先物 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お得!!】 口座開設キャンペーンで現金キャッシュバック

64.26ドル +0.35ドル

■展開 【先物取引NY原油先物

NY原油先物は、期近が続伸。終値の前営業日比は、期近2限月が0.31~0.35ドル高、その他の限月は0.47ドル安~0.26ドル高。ICEブレント原油は、期近2限月が0.23~0.24ドル高、その他の限月は0.37ドル安~0.20ドル高。武装勢力による攻撃の影響から、すでに産油量の26%に相当する日量63万バレルが生産減少となっているナイジェリアでは今後数カ月間、生産・輸出減少が続くとの観測が強まっており、先行きの供給不安を警戒するムードが高まっていることが引き続き下値を支えた。しかし、相場を一段と押し上げ続けるだけの目新しさはなく、朝高後は週末を控えたポジション調整絡みの動きに押され、中盤に入ると63.40ドルへと大幅に下値を切り下げた。ただし、夏のドライブシーズン入りを2カ月後に控えるなか、複数の米製油所がメンテナンス計画を進めていることもあり、先行きの供給不安は根強く、その後は64ドル台を回復してしっかりと推移した。

■バスケット価格 【先物取引NY原油先物

3月23日のOPEC原油バスケット価格は57.14ドルと、22日の56.70ドルから上昇。OPECは昨年1月30日の総会で、2000年3月に導入したバスケット価格の目標帯(22-28ドル)を正式に凍結した。

■石油製品 【先物取引NY原油先物

石油製品も続伸。ガソリン、ヒーティングオイル相場ともに原油同様の値動きとなった。両市場ともに朝方に最も取組高の多い5月限が1週間ぶりの高値圏へと上昇した後は、高値調整から急落。ただし、ガソリンの先行きの供給ひっ迫懸念は根強く、中盤以降は急速に買い戻され、プラスサイドを回復した。

■天候 【先物取引NY原油先物】             
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年を2~4℃下回り、西部で平年を3~5℃下回り、あすは平年を2~3℃下回ろう。26日は東部で平年を1~2℃下回り、西部で平年を2~3℃下回り、27日は平年を1~3℃下回り、28日は平年並み~平年を2℃下回ろう。29日から4月2日にかけても平年並み~平年を下回ろう」と発表した。

■CFTC建玉明細 【先物取引NY原油先物

米商品先物取引委員会(CFTC)発表の3月21日現在の建玉明細によると、大口投機玉は原油が6337枚の売り越しと、前週の1万5258枚の売り越しから大幅減少した。ガソリンは1万6617枚の買い越しと前週の1万3362枚の買い越しから増加し、ヒーティングオイルは5889枚の買い越しと前週の3744枚の買い越しから増加した。

■チャート 【先物取引NY原油先物

先物取引 NY原油先物


☆執行速度の速さを求めるなら・・・

 ドットコモディティ

 

商品先物取引情報!!


商品先物取引ランキング!!

【お得!!】 口座開設キャンペーンで現金キャッシュバック

61.77ドル -0.57ドル

■展開

ニューヨーク原油先物は反落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.61~0.57ドル安、その他の限月は0.66~0.61ドル安。ICEブレント原油は期近2限月が0.65~0.63ドル安、その他の限月は0.70~0.62ドル安。週間在庫統計で原油在庫は予想外に130万バレルも減少したことから時間外取引の高値を抜いたが、昨日の高値に届かず反落に転じた。その後ガソリンの暴落が嫌気され、マイナスに転落した。

■バスケット価格
    
3月21日のOPEC原油バスケット価格は56.14ドルと、20日の57.32ドルから下落。OPECは昨年1月30日の総会で、2000年3月に導入したバスケット価格の目標帯(22-28ドル)を正式に凍結している。

■石油製品
    
石油製品は急落。ガソリンは、前年調印の新エネルギー法のもと、今年5月からMTBE添加ガソリンの使用が禁止されるが、米連邦エネルギー規制委員会(FERC)がコロニアル・パイプラインに対し、MTBE添加ガソリンの使用を認めたことで、期近が投げ売り状態となった。

■週間在庫統計
  
APIとEIAから発表された3月17日までの週間在庫統計は以下の通り。ロイター通信から発表された事前予想は、原油在庫が前週比250万バレルの増加、留出油が220万バレルの減少、ガソリンが120万バレルの減少となっていた。     
 
API統計(前週比)
原油・・・5万4000バレル減少
ガソリン・・・30万8000バレル増加
留出油・・・97万2000バレル減少
ヒーティングオイル・・・194万4000バレル減少
  
EIA統計(前週比)
原油・・・130万バレル減少
ガソリン・・・230万バレル減少
留出油・・・800万バレル減少
ヒーティングオイル・・・40万バレル減少


ニューヨーク原油先物チャート

ニューヨーク原油先物 商品先物取引
ニューヨーク原油先物 商品先物取引


☆執行速度の速さを求めるなら・・・

 ドットコモディティ

 

商品先物取引情報!!


商品先物取引ランキング!!

【お得!!】 口座開設キャンペーンで現金キャッシュバック

60.57ドル +0.15ドル

■展開

ニューヨーク原油先物は、総じて反発。終値の前営業日比は期近2限月が0.15~0.38ドル高、その他の限月は0.55~0.94ドル高。ICEブレント原油は、期近2限月が0.70~0.79ドル高、その他の限月は0.59~0.85ドル高。高値調整の動きが一巡すると、石油製品在庫の減少見通しなどが下値を支えることとなり、朝安後は下値を切り上げる格好となった。

■石油製品

石油製品は急反発。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともに在庫減少見通しを背景に、大幅続落したきのうまでの流れに対する修正場面となり、特に下げがきつかったヒーティングオイル相場は急速に値を回復した。

■天候       
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年を2~4℃下回り、西部で平年を3~5℃下回り、あすは東部で平年を2~3℃下回り、西部で平年を2~4℃下回ろう。23日から25日にかけては平年を2~3℃下回る見通し。26日から30日にかけては、平年並み~平年を下回ろう」と発表した。

■週間在庫統計事前予想

ロイター通信によると、米石油協会(API)と米エネルギー情報局(EIA)から明日発表される3月17日までの週間在庫統計に対する事前予想では、原油在庫が前週比250万バレルの増加、留出油が220万バレルの減少、ガソリンが120万バレルの減少となっている。

■ニューヨーク原油先物チャート

商品先物 ニューヨーク原油先物
商品先物 ニューヨーク原油先物

チャート的にみるとこの60ドルのラインが支持線になるのか、割り込むのかがポイントなりそうですが、当面は60ドル近辺での動きになると思っています。

☆執行速度の速さを求めるなら・・・

 ドットコモディティ

 

商品先物取引情報!!


商品先物取引ランキング!!

59.96ドル -0.51ドル 【3月10日】

■展開

NY原油先物は反落。終値の前営業日比は期近2限月が0.58~0.51ドル安、その他の限月は0.68~0.60ドル安。ICEブレント原油は、期近2限月が0.44~0.23ドル安、その他の限月は0.57~0.51ドル安。イランからの石油輸出停止を警戒するムードは根強かったものの、ドル相場の一段の上昇や週末を控えていることなどから、ポジション整理・調整を進める動きが進むこととなった。

■トピックス

エクアドルの国営石油会社、ペトロエクアドルは10日、契約社員による4日間のストライキにもかかわらず、原油生産は日量14万1000バレルと回復していることを明らかにした。同社の当局者によると、産油量は9日の時点で日量11万バレルまで戻っていたとのこと。同社の通常の産油量は日量20万バレル。政府が救済策を計画しているが、契約社員によるストライキはまだ続行される見通しです。

■石油製品

石油製品は急反落。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともにドル高や米北東部地域の気温上昇見通しなどが嫌気されることとなり、テクニカル主導で大幅上昇となったきのうの流れから一転した。

■天候              
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「12日は平年を6~10℃上回り、13日は平年を6~8℃上回り、14日は平年を4~7℃上回る見通し。15日から19日にかけては、平年並み~平年を下回ろう」と発表した。

■CFTC建玉明細

CFTC発表の3月7日現在の建玉明細によると、大口投機玉は原油が1万9126枚の売り越しと、前週の2万5651枚の売り越しから減少した。ガソリンは1万0828枚の買い越しと前週の1万3720枚の買い越しから減少し、ヒーティングオイルは2651枚の買い越しと前週の782枚の売り越しから途転した。

NY原油先物チャート
NY原油先物

NY原油先物のチャート的に見ると60ドル前後でのもみ合いといった感じですが、現状では、60ドルあたりが適正な水準と見るとのが大勢でもあり、私もここらあたりが妥当な水準ではないかと思っています。

今後のNY原油先物を見る上では・・・
①週明けに始まる国連安全保障理事会でのイランの核開発問題をめぐる協議次第では、同国が石油輸出停止に踏み切る可能性があるとの思惑がある。
②国際エネルギー機関(IEA)のマンディル事務局長は10日、ブリュッセルでの記者会見で、イランが石油輸出を停止したとしても、IEAは数カ月間、(供給ギャップを)埋め合わせることが可能だ、との見解を示している。


やはり、イラン情勢に注目ですね!!


先物取引のデイトレなら、
断然注文執行速度の速いドットコモディティ(☆^^☆)

4月28日までの新規口座開設で『セキュリティソフト』のプレゼントがあるようですよ(^^)

ドットコモディティ

商品先物取引情報!!


商品先物取引ランキング!!

68.35ドル +0.59ドル

■展開

ニューヨーク原油は続伸。終値の前営業日比は、期近2限月が0.58~0.59ドル高、その他の限月は0.60~0.67ドル高。夜間取引では、あすの石油輸出国機構(OPEC)での原油生産枠据え置き見通しやナイジェリア情勢の改善などが嫌気されたものの、一部気象予報会社からの気温低下見通しやOPEC臨時総会を控えているだけに、立会い開始後は下値が支えられ、3月限は1週間ぶりの高値圏へと上値を切り上げた。

■要因
                                       
3月限は、夜間取引では67ドル台半ばへと下落。ナイジェリアでは、2週間操業が停止されていたロイヤルダッチシェル社の石油施設の1つで生産が再開されたことや、武装勢力にとらわれていた人質4人が解放されたことなどから、緊迫状態が続いた同国の情勢の改善などが嫌気された。また、複数のOPEC当局者から、あすの臨時総会と3月の総会で減産することはないだろうとのコメントが聞かれたことも一因となった。立会い開始後は67ドル台前半で下げ渋ると、一転して上値を切り上げる格好となり、引けにかけては1週間ぶりとなる68.45ドルまで大きく上昇した。一部の米気象予報会社から、来週の北東部地域の気温低下見通しが発表されたことや、米国内の製油所での供給障害などから、石油製品相場が大きく上昇したことや、OPEC総会を控えているだけに売りが手控えられたことなどが背景となった。

■生産動向
            
ブルームバーグ・ニュースによると、アラブ首長国連邦(UAE)のハミリ石油相は30日、石油輸出国機構(OPEC)が第2・四半期中に減産することはないだろうとの見方を示した。カタールのアティーヤ・エネルギー産業相は、「私の見方では減産はない」と述べ、「原油不足でないことに自信がある」とし、価格がバレル当たり50ドルに下落すれば、「おそらく3月に減産する」との見方も示した。ベネズエラのラミレス・エネルギー・鉱業相は、原油市場は日量で約200万バレル「供給過剰」のようだとし、OPECは3月の減産に向けた準備が必要との見解を示した。また、同相はその後、3月の総会で日量100万バレルの減産を支持する、と述べた。

■石油製品
    
石油製品は大幅続伸。ヒーティングオイルは、来週の気温低下見通しや天然ガス相場の上昇などから、最も取組高の多い3月限は1週間ぶりの高値圏へと値を伸ばした。ガソリンは、ヒーティングオイル高やチャート面の強さを背景に、3月限は20日以来の高値圏へと大幅上昇した。また、米国内製油所での生産障害が目に付き、BPはインディアナ州ホワイティング製油所(処理能力=日量42万バレル)の稼働率を10~15引き下げており、メンテナンスを理由にシェル社はテキサス州ディアパーク製油所(同34万バレル)の稼働率を引き下げ、マラソン社はルイジアナ州グレイビル製油所(同24万5000バレル)の2つある留出油装置の再開に失敗した。

■天候
    
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは南部で平年を5~8℃上回り、北部で平年を3~5℃上回り、あすは平年を3~5℃上回ろう。2月1日は平年を3~5℃上回り、2日と3日は平年を3~6℃上回る見通し。4日から8日にかけては、平年並み~平年を上回ろう」と発表した。

為替情報!!


株・投資情報!!


67.76ドル +1.50ドル

■展開

ニューヨーク原油は大幅続伸。終値の前営業日比は期近2限月が1.50~1.53ドル高、その他の限月は1.22~1.54ドル高。米国内の供給は過剰気味なものの、引き続きイランやナイジェリアからの供給不安が広がっていることを背景に、上値を切り上げる展開となった。

■イラン情勢
                                       
国際原子力機関(IAEA)は来週、イラン問題を国連の安全保障理事会(安保理)に付託する是非をめぐり、緊急理事会を開催する。安保理に付託した場合、イランに対する制裁が発動される可能性が高くなることから、イランが輸出停止に踏み切るのではとの思惑が広がっている。

■OPEC見解
     
ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)のダウコル議長(ナイジェリア石油担当相)は27日、イランが原油供給を停止しても、OPECは原油価格の抑制を目的とした干渉を行わない方針を明らかにした。同議長は、「イランが制裁を理由に独自に産油を停止するか、あるいは供給停止に追い込まれた場合でも、OPECが果たさなくてはならない役割が必ずしもあるとは思わない」と述べた。ただ、「決定権限は各加盟国にある」とも語った。一方で、同議長はナイジェリアの産油量落ち込みに関し、「非常に短期的なもので、長期化はしないだろう。市場が神経質になっていることは分かるが、ナイジェリアに関してはあまり心配する必要がない」と語った。
    
ロイター通信によると、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は27日、原油価格の下落を望むとの見解を示す一方、市場のファンダメンタルズ以外の要因を理由に、下落に懐疑的な見方を示した。同相は、「もちろん(原油価格の)下落を望んでいるものの、需給以外の多くの要因があるので下がらないだろう」と述べた。また、同相は、来週の総会について、「減産する理由はみられないため、OPECは引き続き現状を維持するだろう」と述べた。

■石油製品
    
石油製品は、ヒーティングオイルは大幅高、ガソリンは大幅続伸。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともに目新しい押し上げ要因などは見当たらなかったが、原油高やテクニカル主導の買いなどに支えられることとなった。

■天候
       
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年並み、西部で平年を1~3℃上回り、あすは平年を4~7℃上回ろう。29日は平年を4~8℃上回り、30日は北部で平年を2~4℃上回り、南部で平年を4~8℃上回り、31日は北部で平年並み、南部では平年を1~3℃上回る見通し。2月1日から2月5日にかけては、平年並み~平年を上回ろう」と発表した。

■CFTC建玉明細
       
米商品先物取引委員会(CFTC)発表の1月24日現在の建玉明細によると、大口投機玉は原油が5541枚の買い越しと、前週の1676枚の売り越しから途転した。ガソリンは3万3430枚の買い越しと前週の3万3731枚の買い越しから減少したが、ヒーティングオイルは9944枚の買い越しと前週の5756枚の買い越しから増加した。

ドットコモディティリレー注文・OCO注文をリリースするそうです(^^)・・・近日中だそうです。

ドットコモディティ

為替情報!!


株・投資情報!!


66.26ドル +0.41ドル

■展開

ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比は、期近2限月が0.41~0.51ドル高、その他の限月は0.45~0.56ドル高。石油製品在庫の増加や石油輸出国機構(OPEC)による原油生産枠据え置き見通しなどが上値を圧迫したが、短期間での下げすぎ感などを背景に、序盤以降はテクニカル主導の修正が進むこととなった。ただし、新規の支援材料が見当たらず、引けにかけては上げ幅を削った。

■生産動向
     
ロイター通信によると、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は26日、原油市場は均衡しており、追加的な供給は必要ないとの見方を明らかにした。同相は記者団に対し、「市場は良い状態にあり、均衡が取れていると思う」と述べた。今週に入ってバレル当たり70ドル近くまで上昇した原油価格を下げるために、OPECは増産すべきか、との質問に対しては、現時点で必要とする供給が得られていない消費国はない、と答えた。

■石油製品
    
石油製品は、ヒーティングオイルが期近3本を除き反発、ガソリンは急反発。ヒーティングオイル相場は、暖冬による需要減少見通しや天然ガス相場の下落などを背景に、序盤は下値を切り下げた。その後は、下げすぎ感などから買い戻されたものの、終盤は戻りを売られた。ガソリン相場は、大幅続落したきのうの流れに対するテクニカル主導の修正高場面となったが、原油・ヒーティングオイル相場同様に、終盤は上げ幅を縮小した。

■天候
         
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年並み、西部で平年を1~2℃下回り、あすは平年を2~3℃上回ろう。28日は平年を4~8℃上回り、29日は平年を4~7℃上回り、30日は平年を3~5℃上回る見通し。31日から2月4日にかけては平年並み~平年を上回ろう」と発表した。

為替情報!!


株・投資情報!!



週末です!!今日も頑張りましょう!!

       
65.85ドル -1.21ドル

■展開

ニューヨーク原油は続落。終値の前営業日比は、期近2限月が1.21~1.17ドル安、その他の限月は1.14~0.71ドル安。この日発表された週間在庫統計で、石油製品在庫が予想以上に増加したことが嫌気されることとなり、原油・石油製品相場ともに序盤は売り一色となった。一段とポジション調整を進める動きなどに押され、原油3月限は1週間ぶり、ガソリン3月限は13日以来の水準へと大きく値を切り下げた。

■生産動向                    
              
ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)のダウコル新議長(ナイジェリア石油担当相)は25日、来週の臨時総会で原油生産枠を引き下げる必要はない、との見解を示した。また、同議長は、現在の高水準な価格は精製能力の欠如のためとした。

■石油製品
    
石油製品は大幅続落。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともに予想を上回る在庫増加を嫌気した売りに押される格好となった。ヒーティングオイル3月限は19日以来、ガソリン3月限は13日以来の水準へと値を沈めた。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年並み~平年を3℃上回り、西部で平年並み~平年を2℃上回り、あすは平年並みとなろう。27日は平年を2~4℃上回り、28日と29日は平年を3~5℃上回る見通し。30日から2月3日にかけては、平年並み~平年を上回ろう」と
発表した。

■週間在庫統計
      
米石油協会(API)とEIAから発表された1月20日までの週間在庫統計は以下の通り。ロイター通信発表の事前予想によると、原油が前週比110万バレルの増加、留出油が90万バレルの増加、ガソリンが130万バレルの増加だった。
     
API統計(前週比)
原油・・・178万バレル減少
ガソリン・・・103万2000バレル減少
留出油・・・19万1000バレル減少
ヒーティングオイル・・・85万バレル増加
    
EIA統計(前週比)
原油・・・230万バレル減少
ガソリン・・・320万バレル増加
留出油・・・180万バレル増加
ヒーティングオイル・・・160万バレル増加
    
EIA統計によると、原油在庫の予想外の減少は輸入減少によるもので、輸入は前週比で日量58万9000バレル下回り、昨年10月14日の週以来の低い水準となったとのこと。

為替情報!!


株・投資情報!!


67.06ドル -1.04ドル

■展開

ニューヨーク原油は続落。終値の前営業日比は、期近2限月が1.04~1.02ドル安、その他の限月は0.99~0.47ドル安。サウジアラビア石油相による生産増加に前向きなコメントや買われすぎ感などが嫌気されるなか、週間在庫統計の発表をあすに控えていることから、ポジション調整絡みで上値重く推移した。

■ナイジェリア情勢
    
ナイジェリアでは武装勢力による石油施設への攻撃が懸念されるなか、ポート・ハルコートにあるアジップ社の事務所に警察官に扮装したギャングが押し入り、9人が死亡したとのこと。

■石油製品
    
石油製品は大幅続落。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともに原油安や在庫増加見通しなどが圧迫要因となり、利益確定を進める動きなどに押された。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは平年を3~6℃上回り、あすは東部で平年を3~5℃上回り、西部で平年並み~平年を2℃上回ろう。26日は平年並み、27日は平年を1~2℃上回り、28日は平年を3~5℃上回る見通し。29日から2月2日にかけては、平年並み~平年を上回ろう」と発表した。

■週間在庫統計事前予想
     
ロイター通信によると、米石油協会(API)と米エネルギー情報局(EIA)からあす発表される1月20日までの週間在庫統計に対する事前予想は、原油在庫が前週比140万バレルの増加、留出油が70万バレルの増加、ガソリンが120万バレルの増加となっている。

為替情報!!


株・投資情報!!


68.10ドル -0.38ドル

■展開

ニューヨーク原油は反落。終値の前営業日比は期近2限月が0.38~0.29ドル安、その他の限月は0.23~0.05ドル安。引き続きイランやナイジェリアなど産油国からの供給に対する懸念はあるものの、天然ガスが急落したことで石油製品が軟化し、原油もマイナスサイド引けとなった。サウジアラビアのナイミ石油相が必要であればさらに増産する容易があると発言したこともこれまでの騰勢を鎮めた。

■天然ガス
                                   
天然ガスは、目先米北東部が平年を上回る気温が見込まれていることで8%近い急落となり、この日の石油三品の圧迫要因となった。

■生産動向
        
サウジアラビアのナイミ石油相は、「(イランやナイジェリアの)国際緊張以外に石油価格が上昇する理由はない。我々は必要であれば増産する用意があり、31日の石油輸出国機構(OPEC)総会でも生産枠は維持されるだろう」と述べた。

■石油製品
    
石油製品も反落。天然ガスの急落に圧迫されて、この日は一転して軟化する展開となった。最も注目される米北東部地域の気温は、目先平年を上回ることが見込まれ、米気象庁(NWS)の6~10日間予報でも平年並み~上回るとされている。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「23日は平年を2~4℃上回り、24日は3~5℃上回る見通し。25日は東部では2~3℃上回り、西部は平年並み」としている。

為替情報!!


株・投資情報!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。