NY原油爆騰!!┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、NY原油爆騰!! に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
66.31ドル +2.39ドル

■展開

ニューヨーク原油は急上昇。終値の前営業日比は、期近2限月が2.36~2.39ドル高、その他の限月は1.48~2.29ドル高。イランの核開発疑惑を巡る中東情勢不安の高まりや、武装勢力の攻撃によるナイジェリアの生産・輸出障害懸念などが下値を支えるなか、期近ベースでは昨年10月3日以来の高値圏へと上昇した。

■ナイジェリア情勢

ロイター通信によると、ナイジェリア南部のニジェールデルタ地帯で原油生産施設に対する攻撃や労働者の誘拐を行っている反政府勢力は17日、2月1日から油田労働者やその家族に対する攻撃を激化させる、と警告した。一方、ロイヤル・ダッチ・シェル社は17同日、同地帯の石油施設(日量11万5000バレル)での不可抗力を宣言した。

■需給動向
   
ロイター通信によると、国際エネルギー機関(IEA)は17日、月報を発表。それによると、中国の需要と米国の消費の増加が2006年の世界原油需要を押し上げ、石油輸出国機構(OPEC)の余剰生産能力を圧迫する、との認識を示した。その上で、今年の需要の伸びは2.2%と、前年の1.3%を上回るとの見通しを明らかにした。一方で、OPECの余剰生産能力は日量150万バレル以下と妥当な水準を下回り、供給はタイトだとの見方を示した。

■石油製品
                
石油製品は大幅続伸。ヒーティングオイル、ガソリン相場は原油高に追随することとなり、最も取組高の多いヒーティングオイル3月限は今月9日以来、ガソリン3月限は昨年10月5日以来の水準へと大きく上昇した。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年並み~平年を3℃下回り、西部で平年を1~4℃上回り、あすは平年を5~8℃上回ろう。19日は平年を4~6℃上回り、20日は平年を5~8℃上り、21日は平年を6~8℃上回る見通し。22日から26日にかけては、平年を上回ろう」と発表した。

為替情報!!


株・投資情報!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/94-ea8b8bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。