NY原油市況┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、NY原油市況 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
63.94ドル +0.57ドル

■展開

NY原油は上昇。終値の前営業日比は、期近2限月が0.35~0.57ドル高、その他の限月は0.11~0.25ドル高。大幅な在庫増加を背景に石油製品相場が一段と下落したことに追随したが、原油在庫は予想以上に減少したことや、イランの核開発疑惑など中東情勢不安の高まりなどが下値を支えた。

■イラン情勢
                                
イランのラフサンジャニ最高評議会議長(元大統領)はこの日、「核についての科学的な研究活動をするのはすべての国の権利だ」と演説し、核開発疑惑など批判を強める欧米など国
際的な圧力に屈しない姿勢を示した。

■石油製品
    
石油製品は、ヒーティングオイルが期先を除き続落、ガソリンは期近安・期先高。ヒーティングオイル、ガソリン相場ともに、予想を大幅に上回る在庫増加が嫌気されることとなった。ヒーティングオイル2月限は昨年12月28日以来、ガソリン2月限は昨年12月30日以来の水準へと大きく下値を切り下げた。ただし、その後は売られすぎ感を背景にした買い戻しなどに支えられ、下げ幅を縮小した。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは平年を6~9℃上回り、あすは平年を6~10℃上回ろう。13日は平年を8~10℃上回り、14日は東部で平年を5~8℃上回り、西部で平年を1~5℃上回り、15日は平年並みの見通し。16日から20日にかけては、平年を上回ろう」と発表した。

■週間在庫統計
     
米石油協会(API)とEIAから発表された1月6日までの週間在庫統計は以下の通り。ロイター通信発表の事前予想によると、原油が前週比30万バレルの減少、留出油が220万バレルの増加、ガソリンが180万バレルの増加だった。
     
API統計(前週比)
原油・・・542万3000バレル減少
ガソリン・・・540万2000バレル増加
留出油・・・610万9000バレル増加
ヒーティングオイル・・・138万4000バレル増加
       
EIA統計(前週比)
原油・・・290万バレル減少
ガソリン・・・450万バレル増加
留出油・・・490万バレル増加
ヒーティングオイル・・・100万バレル増加
    
EIA統計によると、先週の原油輸入量は日量平均987万バレルと、前週を同18万8000バレル下回った。一方、過去4週間平均の石油製品需要は、ガソリンが前年同期を1%上回り、留出油は同2.5%上回った。

今日も頑張っていきましょう!!

為替情報!!


株・投資情報!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/89-dfc7a0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。