NY原油反落┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、NY原油反落 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
63.50ドル -0.71ドル

■展開

ニューヨーク原油は期先を除き反落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.71~0.62ドル安、その他の限月は0.57ドル安~0.05ドル高。米北東部地域の温暖な天候が続く見通しや、短期的な買われすぎ感が広がったことなどから、高値調整場面となった。ただし、中東情勢に対する不安が高まっていることなどが下値を支え、終盤に入ると下げ幅を縮小した。
   
■需給動向                           
      
石油輸出国機構(OPEC)総会を31日に控えるなか、減産を強く求めているのはイランとベネズエラのみなことから、生産枠が据え置かれる可能性が高そうだ。インドネシアのプルノモ・ユスギアントロ・エネルギー・鉱物相は9日、「現時点では、価格は引き続き価格高く、第2・四半期も強く推移すると考えているため、OPECが減産する必要はない」と述べた。アルジェリアのヘリル・エネルギー鉱業相は8日、価格は安定しており、需要が引き続き強いため、月末の総会で減産することはないだろうとの見解を明らかにした。また、同相は、2006年前半の原油価格はバレル当たり約50ドルを維持するとの見通しを示し、「ロシアとウクライナの天然ガス供給論争、イラクやイスラエルのような地政学上の問題が現在の価格(高騰)の背景にある。しかし、主因は引き続き強い需要であり、強い世界経済成長を理由に(今後も)高水準な需要が見込まれる」と述べた。

■天候
   
米民間気象予報会社、Meteorlogixから発表された北東部地域の気温見通しによると、「きょうは南部で平年を3~6℃上回り、北部で平年を2~3℃上回り、あすは平年を5~8℃上回ろう。11日から13日にかけては、平年を5~8℃上回る見通し。14日から19日にかけては、平年並み~平年を上回ろう」とのこと。

為替情報!!


株・投資情報!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/87-4be29abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。