NY原油大幅下落!!┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、NY原油大幅下落!! に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京ガソリンなどのエネルギーは私の予想通り叩かれましたね。
当たり前です(笑)

さて、12月16日のNY原油の市況は・・・

58.06ドル -1.93ドル

■展開

NY原油は大幅続落。終値の前営業日比は期近2限月が2.05~1.93ドル安、その他の限月は2.02~1.65ドル安でした。OPEC(石油輸出国機構)が2006年の世界原油需要見通しを上方修正したことに対する市場の反応はほとんどなく、米北東部地域の気温上昇や、来年1-3月の気温が平年を上回るとの見通しなどから、原油・石油製品相場ともにポジション調整を進める動きが一段と強まることとなった。    

■OPEC需要見通し
   
ブルームバーグ・ニュースによると、OPECは16日に発表した月報で2006年の世界原油需要の伸び率見通しを前月時点の1.8%から1.9%へと引き上げた。原油消費国の景気が予想以上に拡大し、世界の原油の4割を供給するOPECに対する需要が高まると予想している。月報によればOPECは来年の世界原油需要が日量159万バレル増の同8491万バレルに達すると見込んでいる。OPECは、「上方修正は来年の世界経済に対する楽観的な見方によるもの」とした。
       
■CFTC建玉明細
                           
米商品先物取引委員会(CFTC)発表の12月13日現在の建玉明細によると、大口投機玉は原油が2万9941枚の売り越しと、前週の2万9527枚の売り越しから増加した。ガソリンは2万2983枚の買い越しと前週の2万0722枚の買い越しから増加し、ヒーティングオイルは5521枚の買い越しと前週の909枚の売り越しから途転した。

為替情報!!


株・投資情報!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/65-d126c20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。