ニューヨーク原油先物反落 商品先物市況┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、ニューヨーク原油先物反落 商品先物市況 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お得!!】 口座開設キャンペーンで現金キャッシュバック

61.77ドル -0.57ドル

■展開

ニューヨーク原油先物は反落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.61~0.57ドル安、その他の限月は0.66~0.61ドル安。ICEブレント原油は期近2限月が0.65~0.63ドル安、その他の限月は0.70~0.62ドル安。週間在庫統計で原油在庫は予想外に130万バレルも減少したことから時間外取引の高値を抜いたが、昨日の高値に届かず反落に転じた。その後ガソリンの暴落が嫌気され、マイナスに転落した。

■バスケット価格
    
3月21日のOPEC原油バスケット価格は56.14ドルと、20日の57.32ドルから下落。OPECは昨年1月30日の総会で、2000年3月に導入したバスケット価格の目標帯(22-28ドル)を正式に凍結している。

■石油製品
    
石油製品は急落。ガソリンは、前年調印の新エネルギー法のもと、今年5月からMTBE添加ガソリンの使用が禁止されるが、米連邦エネルギー規制委員会(FERC)がコロニアル・パイプラインに対し、MTBE添加ガソリンの使用を認めたことで、期近が投げ売り状態となった。

■週間在庫統計
  
APIとEIAから発表された3月17日までの週間在庫統計は以下の通り。ロイター通信から発表された事前予想は、原油在庫が前週比250万バレルの増加、留出油が220万バレルの減少、ガソリンが120万バレルの減少となっていた。     
 
API統計(前週比)
原油・・・5万4000バレル減少
ガソリン・・・30万8000バレル増加
留出油・・・97万2000バレル減少
ヒーティングオイル・・・194万4000バレル減少
  
EIA統計(前週比)
原油・・・130万バレル減少
ガソリン・・・230万バレル減少
留出油・・・800万バレル減少
ヒーティングオイル・・・40万バレル減少


ニューヨーク原油先物チャート

ニューヨーク原油先物 商品先物取引
ニューヨーク原油先物 商品先物取引


☆執行速度の速さを求めるなら・・・

 ドットコモディティ

 

商品先物取引情報!!


商品先物取引ランキング!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/144-204f1983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。