商品先物取引におけるテクニカル分析┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、商品先物取引におけるテクニカル分析 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品先物取引と株式とのテクニカル分析は同じか?

テクニカル分析の法則は当初株式市場予測に用いられ、その後商品先物取引におていも使われるようになったものですが、手法は同じなんでしょうか?

結論から言いますと、商品先物取引においても基本的な法則は株式と同じですが、いくつか顕著な相違もあると言えます。

テクニカル分析の道具としては、バーチャート・ポイントアンドフュギュアチャート・取引高・トレンドライン・移動平均・オシレーター等を使いますが、基本的には商品先物取引、株式いずれにおいても同じ道具を使うことになります。では、相違点は?というと分析道具そのものというよりも、商品先物取引と株式とのおのおのの本質に根ざした相違点がいくつかあるんです。

商品先物取引には限月がある

株式と異なり、商品先物取引には取引できる期間があります。商品先物取引では、最長1年先までの取引となり、同じ商品につき同時に6つの異なる限月が取引されています。取引期間が限定されていることで長期的な予測の際にいくつかの問題が出てきます。古い限月の失効ごとに新しいチャート、それに対応するテクニカル指標が必要となりますので、短期的には限月ごとのチャートで長期的にトレンドを分析するためには、つなぎ足と呼ばれる先限のチャートつなぎ合わせた時系列のチャートで分析するなど、トレード期間に応じて使い分ける必要がありますね。

商品先物取引はレバレッジが効いている

株式の現物取引との比較になりますが、商品先物取引では、総代金の数%程度の証拠金で取引できるというレバレッジの効いた取引になります。レバレッジが効いているだけに商品先物取引では、わずかな値動きでも損益は大きなものとなります。このため、商品先物取引では、株式より短期的なスパンでの分析が必要となります。一つ例を挙げるとすれば、「移動平均」です。株式においては最も普通に使われている平均は30週や200日ですが、商品先物取引では、ほとんどの平均は40日以下になります。商品先物取引において人気のある移動平均の組合せは、例えば、4日・9日・18日といった感じになります。


商品先物取引について・・・商品先物取引講座

FX-外国為替証拠金取引必勝法-スワップ金利

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/132-deb07fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。