今週の貴金属は?┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、今週の貴金属は? に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■金

今週の東京金は調整局面を経た後、NY高を切っ掛けに上値を窺う展開となった。来週は今週の堅調地合いを引き継ぎ、買い方有利で取引されそうだ。パレスチナの評議会選挙で過激派ハマスが勝利し、来月2日にはイランの核問題を討議するIAEA緊急理事会を控え、地合いを引き締めるのは必至の状況だ。下振れ懸念になりそうな材料としては、31日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)がある。最近の良好な米国の経済指標を受け、利上げ継続ムードが広がっており、再び米金利の先高観が強まるようだと、ドル買いが優勢し金にとっては圧迫要因になるかもしれない。しかし、中東での地政学的リスクの高まりの方が、金市場とっては警戒すべき問題で注目材料になるであろう。ここにきて銀・白金も地合いを引き締め、原油も高値圏で推移している。一段高となる環境が整ったとみる。来週の先限予想中心レンジは、2100円~2170円。

■白金

今週の白金市場は、銀塊の上場投資信託(ETF)の認可が下りる公算との思惑から銀が急伸したのに連れて値を上げ、先限が4000円の大台を試す動きとなった。ロシアの金属大手ノリリスク・ニッケル社から発表された2005年度の白金族生産量によれば、同社の白金生産量は75万1000オンス(23.4トン)になっている。また、2006年の生産高見通しは69万~70万オンス(21~22トン)と前年度を下回ると予想されている。また、南ア通貨ランドの対ドルでの上昇やそれにともない、南アから白金を輸出する鉱山会社に為替差損が発生することで産出コストが増加するとの観測も支援材料となり、白金の上昇トレンドを維持している。そのために当面の下値は堅く、来週は調整を交えながら、12月12日高値4021円を試す展開になりそうだ。来週の先限ベースの予想レンジは3900円~4020円。

 

為替情報!!


株・投資情報!!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/107-03f686b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。