NY原油反発┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、NY原油反発 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
66.26ドル +0.41ドル

■展開

ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比は、期近2限月が0.41~0.51ドル高、その他の限月は0.45~0.56ドル高。石油製品在庫の増加や石油輸出国機構(OPEC)による原油生産枠据え置き見通しなどが上値を圧迫したが、短期間での下げすぎ感などを背景に、序盤以降はテクニカル主導の修正が進むこととなった。ただし、新規の支援材料が見当たらず、引けにかけては上げ幅を削った。

■生産動向
     
ロイター通信によると、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は26日、原油市場は均衡しており、追加的な供給は必要ないとの見方を明らかにした。同相は記者団に対し、「市場は良い状態にあり、均衡が取れていると思う」と述べた。今週に入ってバレル当たり70ドル近くまで上昇した原油価格を下げるために、OPECは増産すべきか、との質問に対しては、現時点で必要とする供給が得られていない消費国はない、と答えた。

■石油製品
    
石油製品は、ヒーティングオイルが期近3本を除き反発、ガソリンは急反発。ヒーティングオイル相場は、暖冬による需要減少見通しや天然ガス相場の下落などを背景に、序盤は下値を切り下げた。その後は、下げすぎ感などから買い戻されたものの、終盤は戻りを売られた。ガソリン相場は、大幅続落したきのうの流れに対するテクニカル主導の修正高場面となったが、原油・ヒーティングオイル相場同様に、終盤は上げ幅を縮小した。

■天候
         
米民間気象予報会社、Meteorlogixは北東部地域の気温見通しについて、「きょうは東部で平年並み、西部で平年を1~2℃下回り、あすは平年を2~3℃上回ろう。28日は平年を4~8℃上回り、29日は平年を4~7℃上回り、30日は平年を3~5℃上回る見通し。31日から2月4日にかけては平年並み~平年を上回ろう」と発表した。

為替情報!!


株・投資情報!!



週末です!!今日も頑張りましょう!!

       
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hogan.blog22.fc2.com/tb.php/104-3d2f0aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。