2006年09月┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、2006年09月 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《口座開設キャンペーンで現金もらっちゃおう!!》


原油相場が続落してますね!

原油相場は60ドル台まで続落してきています。ブッシュ大統領が19日、イラン核開発問題の解決に向けて外交を通じた交渉を続けることを表明し、イラン制裁への姿勢を軟化させたことから売りが継続している。

つまり、ここずっと懸念されていた地政学上のリスクが緩和されてきたわけですね。

さらに!

投資ファンドが最近の急激な原油相場下落を受けて買いポジションの調整を強いられていることも下落要因になっている感じですね。

NY原油先物価格は一時60.75ドルまで下落し、現在60.90ドル前後で弱含みで推移しています。

原油相場の波乱要因は23:30に発表予定の週間原油在庫統計。事前に前週比-200万バレルが予想されていますが、市場の一部で予想外に増加しているとの見方もあり、思惑が高まっている模様ですね。

【 買い要因 】
・IMFが、07年の原油価格予想を60.75ドル⇒75.50ドルへ上方修正
・OPECが原油価格60ドル台を維持するために、12月の次回総会で現行生産枠(日量2800万バレル)を減らすとの憶測

【 売り要因 】
・米国が、外交を通じたイラン核開発問題の解決に向けて動く
・中東情勢緊迫化の緩和
・先週の米週次原油在庫の事前予想-200万バレル減少も一部で増加観測
・米国のガソリン、天然ガス在庫が増加傾向
・米国のハリケーン発生件数予想を下方修正
・OPECが世界原油需要を下方修正



☆無料で口座開設!!執行速度は最速!!

ドットコモディティ詳細

FX-外国為替証拠金取引必勝法-スワップ金利

スポンサーサイト
業界屈指の執行スピードを誇る三貴商事のお得なキャンペーン情報です!

無料で口座開設ができ・・・

手数料も安く・・・

キャンペーンでQUOカード3,000円ももらえちゃう(^^)


期間は9月末までです!


1.手数料半額キャンペーン

 日計り時手数料片道70円(往復で140円)

 ※通常手数料も片道140円(往復280円)と激安です!

2.初回取引キャンペーン

 新規に口座を開設し、開設後1ヶ月以内に、初回50万円以上の入金と、1回以上の取引で、QUOカード3,000円分をプレゼント!

3.紹介キャンペーン

 「紹介元」と「紹介先」へ、それぞれにQUOカード3,000円分プレゼント!

 
詳しくは

日計り時片道70円!業界最低水準の手数料!

三貴商事詳細レポート


FX-外国為替証拠金取引必勝法-スワップ金利

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。