2005年11月┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、2005年11月 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始値   高値    安値   帳入値   前日比 【2005/1】
57.31  57.75  56.25  56.50   -0.86

ニューヨーク原油は続落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.86~0.70ドル安、その他の限月は0.66~0.11ドル安。ICEブレント原油の期近2限月は0.56~0.54ドル安、その他の限月が0.48~0.21ドル安。
依然として米北東部地域の気温上昇によるヒーティングオイル需要の減少見通しや、OPEC(石油輸出国機構)による原油公式生産枠引き下げの可能性が低いことなどが嫌気されるなか、チャート上での戻りの弱さなども一因となり、下値を切り下げた。
                  
1月限は、夜間取引ではきのうの安値(56.70ドル)に顔合わせしたが、割り込むまでには至らなかったことから、終盤にはテクニカル主導で反発に転じた。しかし、立会い開始後に57.75ドルですぐさま頭打ちとなり、再び上値重く推移した。きのうに引き続き米北東部地域では目先、平年を上回る気温が続く見通しなことから、ヒーティングオイル需要の減少が見込まれることや、12月12日のOPEC総会ではおそらく公式生産枠が据え置かれる可能性が高いことなどが上値を圧迫した。中盤に入ると、週間在庫統計の発表をあすに控えていることなどから下げ一服となったものの、引けにかけてはポジション絡みで一段と下値を切り下げ、6月9日以来となる56.25ドルまで下押された。
    
米鉱物資源管理部(MMS)は29日、中部時間11時30分現在のメキシコ湾の原油生産量が通常(日量150万バレル)の37.62%、天然ガス生産は29.94%が停止していると発表。28日時点では、原油が39.63%、天然ガスは30.60%が停止されていた。
     
ブルームバーグ・ニュースによると、インドネシアのプルノモ・エネルギー・鉱物相は29日、OPECに対し12月の総会で生産枠を維持するよう求めていくとの見解を示した。同相は、OPECが生産枠を決める前に、北半球での価格動向を注視すべきだと指摘し、「引き続き価格上昇の可能性があることから、われわれにとって重要なのは生産枠削減ではない。まず冬季の価格動向を注意深くモニターすることがより好ましいことだ」と述べた。
  
また、アラブ首長国連邦(UAE)のハミリ石油相は、米原油先物価格が期近ベースで8月30日に記録した過去最高値(70.85ドル)から19%も下落していることについて、OPECは懸念していないと述べ、「市場は激しく動いているが、現時点ではすべては抑制されている」とし、「市場の供給は適切だ」との認識を示した。
        
11月28日のOPEC原油バスケット価格は50.04ドルと25日の50.42ドルから下落。OPECは1月30日の総会で、2000年3月に導入したバスケット価格の目標帯(22-28ドル)を正式に凍結した。
     
石油製品相場は大幅続落。ヒーティングオイルは、目先の気温上昇による需要減少見通しが圧迫要因となるなか、ポジション調整絡みで一段と下値を切り下げ、最も取組高の多い1月限は6月9日以来の安値圏へと値を沈めた。ガソリンは、在庫の増加見通しなどを背景に最も取組高の多い1月限は6月2日以来の水準へと大きく下落した。
                    
米民間気象予報会社、Meteorlogixから発表された北東部地域の気温見通しによると、「きょうは平年を5~8℃、あすは東部で平年を5~8℃、西部で平年を1~5℃上回ろう。12月1日は東部で平年を1~3℃上回り、西部では平年並み、2日は東部で平年並み、西部で平年を1~3℃下回り、3日は平年を2~3℃下回る見通し。4日から8日にかけては、平年並みとなろう」とのこと。
      
ロイター通信によると、米石油協会(API)とEIAからあす発表される25日までの週間在庫統計に対する事前予想は、原油在庫が前週比10万バレルの減少、留出油が80万バレルの増加、ガソリンが150万バレルの増加となっている。

夜間取引では、一時、55ドル台後半まで下げていたが、12:30現在で、56.11ドル近辺で推移しています。

スポンサーサイト
NY市場4連休明けの今日の市況ですが、ガソリン・灯油の石油製品は、NY原油夜間取引の反落を受け、寄りから、下げ一方でしたね。

東京ガソリン期先つなぎ1128

チャート的には、先日も述べた通り上昇に転じているが、今日のストップ安だったため、先日述べたようなはっきりした「基準線を転換線が上抜く」「遅行線がローソク足を上抜く」などの基調転換サインは見られませんでしたね。
材料的にもこれといった材料もないので、テクニカル面でのサイン待ちといったところですかね。

一方、金や白金などの貴金属は爆騰中!!金は2,000円、白金は4,000円の大台を目指すんでしょうか(^^;

東京金期先つなぎ1128

金爆進中!!

東京白金期先つなぎ1128

白金も爆騰中!!

今週も目が離せません!!

投資ランキング



だいぶご無沙汰してしまいました(^^;

さてさて、NYでは市場が4連休に入って、本日は外電なしの状況且つ石油製品は新甫だったため、様子見かと思いきや・・・寄り後からすごい動きしてましたね(**)
ガソリンは、一気に下がって、一気に上がりました。しかし・・・その後は保ち合いで動かずでした。終わってみれば、先限は前日比-190円の55,460円で引けております。

東京ガソリン期先つなぎ1125

チャート的には、上昇に転じ、一目均衡表の転換線を11/21、基準線を11/22にそれぞれ上回り、直近の高値(11/9、55360円)を上回っています(11/24高値56000円、週末11/25引け値55460円)。変化日(雲のねじれ)となった11/25は、当限の大暴落納会に連れて一時54140円まで下押すものの、下げ幅をほぼ打ち消すなど、内部要因主導で大波乱の展開となりました。来週は、更に上昇するようであれば、「基準線を転換線が上抜く」「遅行線がローソク足を上抜く」などの基調転換サインが見られるかがポイントとなる。修正安が先行するとしても、11/25安値を下回らない限り、押し目は買われる可能性が強い。10/26高値56700円[10/3-上場来-高値62070円から11/18安値51270円までの下落に対する半値戻し56670円]が目先の上値メドとなるが、この水準を超えることが出来れば、いよいよ雲へ突入するかが楽しみですね。

あと、最近ブログ更新していなかったので、後付のようになってしまいますが(^^;今週はゴムに注目していました。194円近辺が壁となっていたため、これを超えれば、おもしろいのでは・・・と思っていたら案の定、上がってきて、194円突破後、一気に200円を突破しました。

東京ゴム期先つなぎ1125

前週末11/18安値190.5円を目先底とし、11/22に上げ足を速めました。11/24に200円台を回復。週末11/25には新甫発会した5月限が高値205.5円まで値を伸ばしたが、高値警戒感や週末要因の利食い売りに抑えられた(安値201.4円・引け値204.3円)。ゴム自体の動意材料に新鮮味のあるものは見当たらず、石油製品の急反発が連想買いを誘った感があるが、チャートは一気に強気に傾いており、次週早々に10/12高値206.6円を上抜くようであれば、節目210.0円を視野に入れた動きとなるのではないでしょうか。

儲けてるかな?

株も上がってきたなぁ




アメリカドル高・円安の為替相場はいつまで続くのでしょうか?

アメリカドル高・円安の為替相場が続いていますが、このアメリカドル高・円安は、平均的な為替相場の値動きと比べた場合、どのように位置付けられるんでしょうね。ドル円の年間値幅と月間値幅の観点から、当面のドル円の為替相場の行方について考えてみたいと思います。

◆年間値幅
アメリカドルが対円で年初来高値更新を続ける中で、ドル円の為替相場の今年の最大値幅も17円を越えて、すでに2002年(19.41円)以来の値幅に拡大しているんです!!
2000年以降の年間最大値幅は20円を超えていないため、その意味では、そろそろ値幅拡大も終わりに近いともいえるわけです。それとも2000年以降では初となる年間値幅20円以上の大相場になるかが試される段階に入っています。
ドル円の年間値幅は、99年の23円を最後に、その後5年間20円を下回ってるんです。2000年以降の年間値幅最大は2002年の19.41円だ。今年は11月17日現在で、年間値幅が約18円となり、2000年以降ではすでに第3位の値幅となっています。過去5年間の平均は15.81円でそれはすでに大きく上回っているのが現状です。
年間値幅が2000年以降の最高を更新すればアメリカドル高値は121円を超える計算となってくるわけです。その意味ではそろそろドル高値終わりに近いのか、それとも2000年以降で初めて、年間値幅が20円を大きく超える大相場となるかの分かれ道に差し掛かってきたといえそうですね。

◆月間値幅
次に月間値幅の観点から見てみると・・・
アメリカドル高がついに119円も大きく超えてきたが、それでも、今月のドル円値幅はこれまでのところまだ3円を少し超えた程度。月間値幅の観点からは、まだ120円を越える可能性は十分残っているし、逆に120円を超えなければ116円割れへドル反落するリスクもあるだろう。
11月半ばが終わりましたが、これまでのところのドル円は116.42~119円半ばで、値幅は3円強。今年に入ってからのドル円月間値幅は3.45~4.85円、平均4円だから、今月後半に値幅がさらに0.5~1円以上拡大する可能性は十分あるといえるのではないでしょうか。
そうなると、月末にかけてドル高が120円を超える可能性は十分あるということになります。逆に120円を超えなければ、最低でも3.5~4円の値幅をとるのがドル円の基本ということからして、月末までに一転116円割れ含みになるリスクも残っているということになる。

これからのドル円相場の流れとしては、海外市場でも引き続き118円半ばから119円半ばでのレンジトレードとなりそうですね。堅調な動きは見られるものの、119円近辺では売り圧力も強いようで滞空時間も短く、120円が視野に入ってきてはいるものの、到達まではまだしばらく時間がかかりそうな流れだ。米中首脳会談を週末に控えて人民元の追加切り上げ等のサプライズも考えられる事から、積極的には動き辛いと見られ、118円半ばから119円半ばでの動きとなりそうだ。テクニカル的には上ヒゲ陽線の示現で下値警戒感が高まっており、目先16日高値の119.54円近辺を捉えられるかがポイントとなっています。ただ60分足ベースでは119円前半の雲の上限に上値を抑えられる格好で上げ渋っており、上値も重そうな流れ。基本的にはドル高だが、大きく円売りに傾くファンド筋のポジションも気になるところです。

ドル円の展望は・・・

投資の達人


いやー、白金は強い!!強すぎる・・・

今日は、休みだったので、朝寄りつきで少しトレードしてみました。
昨日言った通り、白金の売建て。寄り前の基準値で40円くらい高寄りの気配だったため、幾分かは下げるだろうと寄りつきで売りを入れました。

3,698円で約定。売りポジション・・・ピンですが(^^;
寄り後にすぐ、約定値から10円上の3,708円にストップをいれました。

同時に、ガソリンの期先を細かく売買。
寄りから2回転がし、細かく利食い。

寄り後、売建て、51,470円で約定(ピン)・・・4分後に、51,390円で仕切・・・+80円

3分後に、51,480円で買建て(ピン)・・・11分後に、51,590円で仕切・・・+110円

この時点で、白金も若干(5円幅くらでしたかね?)値洗いプラスだったので、ストップも入れてあるしと病院へGO

病院の待ち時間に携帯で価格見ましたら、白金は・・・爆騰してました(**)

結局、ストップが入っており、-10円。

トータルしますと・・・

ガソリン:+200円×50=+10,000円
白金:-10円×500=-5,000円

やはり、トレンドには逆らってはいけません(^^;




白金の値動きは相変わらず激しいですね。
今日は、高寄りしたものの、後場寄りつきから、一気に急反落!終わってみれば、当限を除く全限月でストップ安でしたね。

白金先限日足1117


凄い動きですよね(**)

そりゃ、上げすぎですよ!!

・・・というわけで、大陰線の出現により、明日は売建てです!!
逆張りなんで、もちろんストップは入れますが(^^;

来年の1月末まで、手数料無料です!!

INV@ST-CX[COMパス]



ここにも強者が・・・


しかし、あれですね。ガソリン・灯油などのエネルギーの最近の動きですが、なんなんすか!?(**)外電とまったくマッチしてないじゃないですか!!セイセイセイ!!

でもあれですよね。日中足ではトレンドを形成すると、一方向に動くので、結構取りやすいかも知れませんね。

今日も外電では、NY原油が+0.16ドルの57.69ドルだったのですが、東京市場では、期近はプラスサイドでしたが、期先はマイナスサイド、東京ガソリン先限では、-630円の52,230円で大引け。

東京ガソリン期先つなぎ


完全に下降トレンドですね。

一方、爆上げ中なのが、白金。いったいどこまで上がるやら・・・

東京白金期先つなぎ


マル秘投資術!!



東京白金(プラチナ)爆騰中!!
先限の日足は、直近の高値(10/27、3481円)を11/8に更新。翌11/9には上げ足を速めて上場来高値(86年9月の3520円)を更新。週末の本日11/11には目先の天井を思わせる(“長い下ヒゲ付きの同時線”のような)形になったが、下方に窓を開けたまま(11/11高値3598円・引け値3596円。窓の下限は11/9高値3548円)。また、今週の週足は、“長い陽線”にしか見えない。この上昇スピードに対する警戒感はあるにせよ、チャート的には、次週に“高値保ち合いの域に止まらないほど下げる”可能性は低いと言わざるを得まい。

白金20051111

最近口座開設した三貴商事のチャートです。
来年1月末まで手数料無料ですよ!!

先物トレーダー達も白金に注目!! 

金

運用方法☆必見☆



東京ガソリン
東京ガソリン先限の日足は、週明け10/31に高値から1600円下落し、直近の安値(10/21、53850円)を更新すると、11/2安値52480円まで値位置を切り下げた。週末11/4にはNY原油高を受けて高値54340円まで反発するものの、戻りを売られている(引け値53900円)。一目均衡表を見ると、完全に雲(先行スパン)を下放れているため、再び雲の下限(現在は55300円)が上値抵抗に。仮に、このまま下げ続けるようであれば、“節目5万円”がターゲットとなる。灯油増産のあおりを受けてガソリン在庫もダブつきが囁かれる中、現物相場も続落しており、国内のセンチメントは弱気一色。NYが保ち合いに留まる(強気転換に至らない)限りは、5万円に届くかはともかく、否が応でも下げざるを得ないか?

東京ガソリン


NY原油


東京ゴム
東京ゴム先限の日足は、11/1安値186.7円(“9/13安値177.0円から10/12高値206.6円までの上昇に対する3分の2押し水準186.8円”)まで下落。週末11/4には高値194.8円まで戻したものの、週末要因の利食い売りなどから上げ幅を削った(安値190.7円、引け値191.9円)。この動きは、“10/18高値204.8円以来の下降トレンド[上限]ライン”に当たって、上値抵抗を受けたものと考えられる。次週早々に引け値ベースで同ラインを上抜けば、10/26高値199.4円を視野に入れた動きとなり得る。逆に、同ラインに抑えられたままなら、11/1安値を試す動きとなりそうだ。なお、タイ産地では、引き続き中国の買い付けが控えられているが、政情不安から採液作業が捗らず集荷も落ち込んでいることで、タイオファーはジリ安調に留まる(* 大きな下落とはなっていない)。上海先物相場も、この1週間は横ばいに近い。次週も海外市場に大きな動きが無い場合には、東京が一方的に下げる(割安感を強める)展開にはなりにくいのではないか。

東京ゴム


東京金
NY金中心限月12月限の日足は、ドル高・ユーロ安を嫌ったファンドの手じまい売りが増えて大きく下落した後、下げ渋っているところ。“10/12高値483.1ドルを頭頂とするヘッド・アンド・ショルダー”の右肩に当たる10/27高値477.8ドルに対し、11/1安値459.5ドル(11/3引け値461.9ドル。ネックラインは9/27安値461.2ドル・10/20安値462.0ドル)。目先的に460.0ドルを下抜けば、下値目標は9/13安値448.3ドル(節目450.0ドル)となろうが、現時点で、「460.0ドル水準から下げ渋る可能性は、低くない」と思われるところ。もっとも、次週の高値が“10/27からの下落に対する半値戻し468.65ドル”程度に止まるようなら、その後には「天井確認(460.0ドル下抜け)」へ向かう可能性が高まりそうだ。東京先限の日足は、高値もみ合い。引き続き1770円水準(10/12高値1771円。10/18高値1770円。前週末10/28・週明け10/31高値1769円)で上値抵抗を受けているが、そこから下押す力も強くはない(11/2安値1738円。週末11/4引け値1756円)。現時点では、“目先は方向感を探る展開に留まる可能性が高そう”ではあるが、「“目先的な弱気転換(* 10/21安値1711円を大きく下回るなど)”よりも“高値(1771円)更新”の方が簡単」と見ておくべきだろう。

東京金


【東京白金】
NY白金中心限月1月限は、金につれて10/27高値953.5ドルから11/1安値916.0ドルまで急落した後、かなり戻している(11/3高値946.0ドル[戻し幅8割]・引け値941.9ドル)。11/1は長い下ヒゲ付きの長い陰線であり、このヒゲを無視すれば、基調は弱気転換していないことになる。また、上下幅が大きくなった要因が“商いの薄さ”だとすれば、現時点では、そのヒゲを重視しないことが無難であろう。次週は、「高値保ち合いの域に留まる」可能性が高いものと見ておきたい。東京先限の上昇ペースは、引き続き、概ね安定的(* 10/27高値3481円に対し、今週は週末11/4高値3480円・引け値3478円に止まったが、弱気転換の兆しは見られない)。次週も、「“弱くとも、高値もみ合いの域に留まり”、“高値(3481円)更新はさほど難しくない”」ものと思われる。

東京白金(プラチナ)



今日のガソリン市況は、NY原油の59.85ドルで+0.09ドルと若干の上げを受け、日中は大きく動いたものの先限で前日比+270円の53,140円で引けました。

チャートで見ると10月21日の安値の53,850円を割り込み、下降トレンドを作ってますね。

東京ガソリン


NY原油は60ドル前後で保ち合いの感じ。

NY原油


こちらも下降トレンドを形成中ですな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。