2005年10月┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、2005年10月 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、東京工業品取引所のエネルギー・ゴムが新甫発会しました。今日はエネルギー凄い動きしてましたね(**)

NYMEXでの原油が高騰!!前日比2.12ドル高の62.44ドルで引けたのを受け、東京市場でも寄りつきで中物のストップ高を含め、軒並み高寄りしたかと思えば、一気に急落!!一時は、マイナスサイドへと・・・と思えば、引けにかけて反騰し、終わってみれば、東京ガソリンでも+300円前後で引けてましたね。
ただ、NY原油+2.12ドルを受けて、この引け具合を見ると、頭は重い感じですよね。


NY原油

NY原油はチャート的には、下降トレンドだが、押しが入り上値を試している感じ。

東京ガソリン

東京ガソリンは、53,800円あたりの下値支持線から押してきており、上値は、58,200円あたりまでと見られ、この圏内で動くんじゃないでしょうかね。

NY次第ですが、本日後場の上げっぷりからみても、明日も地合は強そうですが、今日の相場見てたら何とも言えません・・・恐ろしい動きだった(**)

では、明日も頑張りましょう!!

他の先物サイトも見てみてくださいね

商品先物ブログランキング

Speculator gate




当方も参加している先物系のランキングです(^^)



スポンサーサイト
本日の東京ガソリンは、14日のNY原油が前日比-0.45ドルの62.63ドルで引けたものの、本日の夜間取引の急進を受け、反騰。引けに下げたが、先限で前日比+990円の57,910円で引けております。


浪漫飛行バーチャルトレード。ゲームを通して商品先物取引をスタート!仮想資金300万円アナタはどこまで増やせるか!メールアドレスがあれば誰でも気軽に参加可能で無料です。
バーチャルで体感リアルなトレード




オンライントレードをする上で重要になってくるのが、取引会社の選定が重要になってくると思いますが、以下にオンライントレードの取引会社選定のポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

①手数料体系
商品先物取引にかかる手数料は、色々なタイプがあります。
・1注文ごとの手数料体系
・日計り手数料:1日の間に新規注文と仕切り注文を行う場合にかかる手数料
・一律比率制手数料:預けている預託金額に応じて、手数料が変化
・定額制:1日あたり、または月間の手数料が固定

②注文の執行速度
特にデイトレをされる方には重要なポイントになりますが、各社が提供するトレードツールにより執行速度には差があります。

③初回に必要な入金額や入出金の利便性

④携帯電話でも情報が閲覧できたり注文できるか

⑤どんな投資情報が得られるか

以上の観点から、私がいくつか口座開設している中でお勧めの取引会社が、
ドットコモディティです。
・手数料は、1枚450円のシングルレートと1~10枚で3,000円で以降10枚単位で3,000円ごと課金されていくボックスレートの2通りを毎日選択でき、ボックスレートでは日計りの往復手数料が最安時で300円(片道150円)となりボリュームに応じて選択できる点がいいですね。

・執行スピードはピカイチで、ブラウザベースではなく、専用のソフトを使用しているため、早いですね。携帯での取引も可能です。

・初回の入金額はゼロでOKなので、リアルのチャートはもちろんテクカルチャートやオーバルネクストの様々な情報を見れますので、実践前の勉強にも使えますね。

ALL先物比較で、オンライントレード取引会社の比較もでき、一回の入力でまとめて資料請求もできます。

ついでですが、外国為替証拠金取引なら以下の会社がお勧めです。(外為取引をしている友人談)

【スワップ金利が高く、信用ありのお勧め会社】

☆ セントラル短資オンライントレード
☆ 外為どっとコム

スワップ金利で選ぶなら、セントラル短資オンライントレードがスワップ金利が高いのでお勧め。
口座開設によりキャッシュバック5,000円があるようです。

もうひとつ 外為どっとコムに口座開設をするのもいいととのこと。
・口座開設をするとマーケット情報などの有料情報が無料になります。
・1,000通貨単位、1万円から外国為替証拠金取引ができますので初めての挑戦にはいいとは思います。
・口座開設もすべてオンライン上で完了し、初回入金額ゼロ円で
情報も見れますので、リアルの情報などを見て、勉強用など手始めの方にもお勧めとのこと。

外為取引はスワップポイントも魅力ですよね(^^)




本日の東京ガソリンを含む石油製品が軒並みストップ高!ようやくの上げといった感じですね。
NY原油先物の反騰(11日の日中取引、前日比+1.73ドル高の終値63.53ドル)を受け、ほとんどの限月でストップ高でした。
東京ガソリン先限は、+1,600円の58,020円で取引を終了しています。
今日の寄り値が57,400円でしたので、昨日の東京ガソリン先物市況で述べたような展開になり、本日の外電を受け買いたててる人も多かったのではないでしょうか。今日中に決済していても600円近くの値幅が取れたはずなので、今日は御の字の方も多数いらっしゃったことと思います(^^)

わたしもおそまきながら、東京ガソリン期先のバーチャル買い(笑)を仕掛けました。実取引なら今日の朝に注文入れてますけど(^^ゞ

東京ゴムも順調で、東京ゴム先限で+2.5円の終値205.5円で私のバーチャル含み益(笑)も順調に伸びています。

明日も東京ガソリンで儲けましょう!!

相互リンク募集中!!

トラックバックも募集中!!

コメントもくださいm(__)m

東京ガソリンが週明けも引き続き続落!
NY原油先物が7日に小反発、10日には多少反落したもの、10日の終値61.80ドルと6日の終値よりも上値にあったことを受け、+250円の高寄りでスタート。14:00までは、ほぼ横一線のチャートを描いていたが、な、なんと!!14:00過ぎから急反落!
終わってみれば、前日比-1,180円の56,420円で引けました。
先日の先日の東京ガソリンの動向で述べた、56,810円を割り込んできたこともあり、トレンドは下降に入った模様ですかね。

ただし、先物市況展望で述べたように割安水準まで売られただけにNY原油先物の価格を見ながら、押し目を狙いたいところですね(^^)
NYでの原油先物の日中取引が日本時間の夜間に行われているわけですが、NYでの原油先物価格がプラスに転じたところで、東京ガソリンの買いを仕掛けたいところです。
ただ、トレンドは下げなので、今買うのは怖いですね・・・
東京ガソリンが54,000円まで下がったら、間違いなく買いです(^^)

一方の東京ゴムは、続伸!!
当方の期待していた200円をあっさり超え、一時はストップ高をつけるも前日比5円高の202.0円で今日の取引を終了しております。
石油製品があれだけ下がっているのに、やはり地合は強いですね。
上がれー上がれー(^^)
当方のバーチャルも先日の東京ガソリンの利食いにプラス、東京ゴムでも値洗いベースでプラスのため、灯油でのマイナスを取り戻し、清算額ベースでもプラスに転じました。
さらに様子をみて、東京ガソリンの押し目買いを仕掛けるポイントを待ってます・・・待ってもこないのが相場ですが・・・(^^ゞ

あっ、そうだ!皆さんもバーチャルトレードで東京ガソリンの醍醐味、いや、商品先物取引の醍醐味を体感してみてくださいね(^^)
価格表は板などはリアルの数字なので、実践的に体感できますよ!

 

他の先物サイトも見てみてくださいね

商品先物ブログランキング

Speculator gate




当方も参加している先物系のランキングです(^^)


東京ガソリン】 今週のトレンド:[弱気]
 9月下旬はファンド筋の買い煽りで割高になっていたが、同筋がドテン売りに回
ると、今度は一転して割安な水準にまで期先は売り込まれている。また、サヤ的に
も大順ザヤが大幅に縮小してきている。
 国内在庫は適正水準で推移しているが、現在の米国の在庫状況からすると第2次
の追加放出が要請されそうであり、需給的にはタイト気味に推移することになると
みられる。NY原油が下値を確認すれば割安水準まで売られただけに、買い場到来とみて対処したい。

【東京灯油】 今週のトレンド:[弱気]
 国内在庫は増勢テンポが鈍化したとはいえ、高水準である。しかし、アジア価格
からみれば割安であるため、暖冬で荷余りとなれば輸出するという方針であること
には変わりはなく、需要期限月は売られ過ぎと見られる。
 ガソリンと同様にファンド筋の買い煽り、売り叩きで乱高下した後、現在はNY安
に伴い下落している。ただ、積み増しされている原油は上昇時のものであることか
らコスト高であり、暖冬が予想されているとはいえ、元売はこのコストを反映した
販売姿勢で対処するものとみられる。世界的に暖房油が不足し、中国の製品不足が
深刻化していることからも、冬場にかけて上昇することになるだろう。

【東京金】 今週のトレンド:[やや強気]
 節目の価格であるドル建ての470ドル台、円建ての1,700円台を回復したことで、
金相場の上昇トレンドが中長期的には全く変っていないことを強く印象付けた。原
油相場の乱高下につれて急落する局面もあったものの大崩れすることはなく、為替
や株価の動きを織り込みながら、下値の固い展開を続けている。
 エネルギー商品を先頭にして商品市況が高騰する状況が続き、テロの世界的な拡
大から資金の逃避先としての金が更に関心を集めていることは、既に周知の事実で
ある。一般投資家の資金もファンドとして投資・投機市場で一大勢力を成しており
、エネルギー市場のみならず金を始めとする貴金属市場への参入も目立っている。
投機的な人気の盛り上がりを見せて、金の注目度は更に高まっている。

東京白金(プラチナ】 今週のトレンド:[やや強気]
 原油相場や金相場の下げにつれて一時的には急落したものの、3,300円台に再
度乗せた白金相場は、今後も上昇トレンドを追って強基調が続くものと見込まれる。
同様に、ドル建ての海外市場においても900ドル台での推移が続いており、上値を
探る展開は変わっていない。
 このところ白金独自の材料はほとんど見当たらず、原油や金の値動きにつれた相
場になっており、ファンド筋と呼ばれる投機資金の動きが白金相場を大きく左右し
ていることは否めない。しかし、背景には白金現物のタイトな需給バランスがあり
、何か起きれば供給不足懸念が再燃しかねない状況が続いている。自動車産業の
世界的に好調な需要を基本材料として、投機人気が高まりつつある白金相場は、値動きの幅の大きさとスピードという特徴を発揮しながら、上値指向の展開が続きそうだ。


NY原油が、6日の終値で61.36ドル(前日比-1.43ドル)と62ドル台の支持線を
あっさりと下抜けてしまいました。

・・・ということは、トレンドとしては下げに入るということになりますね。

一方、東京ガソリンの市場は、このNY原油での下げを受け、610円の安寄り。
しかし、週末と言うこともあり、利益確定の買いも入り、前日比-210円の
57,600円で引けました。
連日の反落から、週頭は、売られ過ぎ感から反発するものと思われますが、
上記で述べたようにNY原油で下降トレンドに入った模様あり、チャート
的にも9/8につけた安値56.810円の値段を本日も一度つけてきている
ことから、次の下値線、8/23の安値53,940円まで試す展開となるの
でしょうか。

原油先物価格が高騰していると昨今ニュースで騒がれていますが、
なぜ、原油先物価格がここ1年半で2倍近くになりなるような高騰を
見せているのでしょうか。

原油先物に限らず、市場に流通しているものは、需要と供給のバランスに
よって決まってきますが、原油先物価格高騰の背景には、「投機筋によるマネー
ゲーム」の煽りを食らっている面が多分にあります。

投機筋は日々のニュースにより、売り買いを仕掛けてくるわけですが、
ここ最近の高騰は、「イラクの政情不安」や度重なる「ハリケーン」の
襲来などにより供給不安になるだろうという予測のもとに高騰している
といったわけです。記憶に新しいところで言えば、先だってのハリケーン
「リタ」の襲来により、1日で4ドル以上高騰した日もありました。

第2次石油危機時の原油先物価格のピークは80年の1バレル=43ドル弱でしたが、
為替水準や物価などを勘案して今の価格に直せば140ドル程度に
なる、とのこと。つまり現在の60~70ドル弱の水準なら、石油危機時の
半分の衝撃になるということです。
ちまたで、80ドル・・・いや100ドルだ・・・と言われる所以はここに
あるわけです。

ただ、上げるも下げるも戦略次第のところがあり、ここ最近の世情と
しては、原油先物価格高騰に歯止めをかけようという動き。
例えば、先日の私の記事でも述べたが、米政府は戦略石油備蓄の追加放出に
前向きな姿勢とのニュースから62ドルまで下げてきたが、6日のロイター
の記事によれば、「国際エネルギー機関(IEA)のマンディル事務局
長は、米国の需要後退で、加盟国の緊急石油備蓄から一段の放出を行う
必要性は低下した、との見解を示した。」とのこと。
やはり、私の予想通り、あのニュースは当てにならなかった。
(まだどうなるかわからないですけどね・・・笑)

また、1バレル=70ドルが続けば米国の実質GDPを1.2ポイン押し下げる。
「米国経済は現在は住宅価格の上昇で資産が増えているので、原油高
の影響を相殺できている。だが、この状態が続くとは思えない」との
展望もあり、私の予想では、60ドルあたりで落ち着くのではないかと思
っています。

ただし、突発的なニュースにより、上記で述べたように80ドル100ドル
なんてこともありえるとは思いますけどね。


ちなみに今NYの夜間見たら、61.56ドルと62ドル割っちゃいました。

さらにちなみに、バーチャルガソリン売りは、今朝の寄りで仕切って
利食い、灯油での負けを取り戻しました。(^^V

NY原油のチャートで見ると、下値支持線割ってきた感じですが、
これから始まる日中取引の結果を見ないとなんとも言えませんね。

売られすぎている気もするし・・・
そもそも、石油製品を夜のうちに仕込もうというのが間違ってますが
バーチャルだからいっか(^^ゞ

でも今回は、明日の様子をみて、月曜に仕掛けます!!

では、明日もいいトレードを!!

FX-外国為替証拠金取引必勝法-スワップ金利

今日の東京ゴム、すごい動きしてましたね(**)
前場は下げ一方であ~と思った方もいらっしゃったんじゃないでしょうか。
し、しかし、後場に入り、上げ!そして上げ!・・・みたいな(笑)
195.5円で寄り・・・安値191.4円をつけるも・・・ひけてみれば
199.0円と前日比+1.9円・・・安値/高値では実に7.6円も動いてます。

一方の東京ガソリンはNYの続落を受け、今日もマイナスサイドで
引け値59,200円(前日比-1,190円)と60,000円を割ってきました。

ゴムはまだ伸びますかね(??)楽しみです。

今日は、内容なしです(;;)・・・すいませんm(__)m

記事記入時のNY原油・・・63.80ドル


本日の原油先物市場は、NYの反落(65.47ドルの-0.77ドル)を受け
安寄り後、終始下げトレンド。
材料としては、米政府は戦略石油備蓄の追加放出に前向きな姿勢を
示したとのこと。
および、米メキシコ湾岸(原油生産能力日量150万バレル)での原油生産
停止率は82.8%まで改善(前日97.8%)している模様。

日本時間22:00段階でのNY夜間でも64.80ドルと続落模様。
ニュース的にも下げ傾向のあるが、下げても9月26日につけた安値62.65
ドルまでと見ていいでしょう。チャート的にもこのあたりを下値支持線
に反騰してきていますし。

東京ガソリンは、チャート的に見ると61,000円台でもみ合っていたが、
上値を抑えられた感じで今日の下げですから、海外のニュースと照らし
あわせると、明日は売りですかね。

つまり!!灯油の買いは失敗でした。。。ほんちゃんだったら、
石油製品を前夜には仕込まないですけど・・・今朝の外電で下げでしたもんね(^^ゞ

したがって、灯油損切りします(;;)損切りは早く!!鉄則です。
(負け惜しみです)
さらに東京ガソリンの期先の売りを仕込みます。
石油備蓄放出・・・こないだもそんなニュースありましたが、
あまりあてにならないので、NYの様子をみて、押し目を狙うこと
にしました。

一方、東京ゴムは的中!!依然、買いポジ継続でいきます。
ゴム200円時代の到来なるか!!(笑)

ではでは、また明日!!
皆さん、よきトレードを!!GOOD LUCK!!

タダなので試してみてくださいね!価格・板などはリアルと同様です。
ここからの申し込みも好評のようです(^^)

バーチャルで体感リアルなトレード

ついでにワンクリック(笑)

人気blogランキングへ

最後に!!
皆さんの情報もトラックバックしてくださいm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。