2005年09月08日┃先物トレード虎の穴~商品先物取引ガソリンでオンライントレード!!

ここでは、2005年09月08日 に関する情報を紹介しています。
☆商品先物取引会社比較

オンライントレード比較表~商品先物取引編


☆外国為替証拠金取引会社比較

オンライントレード比較表~外国為替証拠金取引編(スワップ金利比較も!)


☆商品先物取引会社・FX会社キャンペーン情報

口座開設で現金キャッシュバック!!

外為どっとコム 口座開設+30万円の入金だけで、現金5,000円キャッシュバック!!


☆取引会社個別特集(私なりにまとめてみました)

インヴァスト証券~手数料最安!!

ドットコモディティ~楽天・松井証券出資!執行スピード最速!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、今後のガソリン市場にとって重大なニュースがありましたね。

ご存知の方も多いかとは思いますが、載せておきますね。

■9月12日以降、石油製品の警告点が上下、100円から200円へ
変更。(9月中とあるが、様子見で続けていくと思われる。)

■9月12日より、貴金属・ゴム・アルミ・石油の特別気配状態や警告点
に達した際の基準値の更新を原則2分から、1分へ変更。(基準値の変更
は取引所が手動で行っており、時間はあくまで原則であるが。。。)

■ガソリン・灯油の2006年4月限(26日発会)より、
・値幅制限・・・1,000円から1,600円へ
・倍率・・・100倍から50倍へ
・証拠金・・・15万円から12万円へ

以上のようなニュースがありました。倍率の変更などは原油において
先行して実施されており、ガソリン等も変更が噂れていたが、
市場参加者を増やそうという意向の元、いよいよ実施されますね。

警告点のアップや基準値更新の間隔の短縮により、より値段の動きは
早くなりますが、その分倍率の変更や値幅制限のアップなどで
バランスを保とうという感じですね。
今後のトレードにどう影響してきますかね。。。倍率が下がったという
ことは今までの2倍の値幅をとらないといけないということですが
、その分リスクも軽減されるということです。

しかし、これまで基準値の固定によって値動きが止まっていたものが、
一気に動いて行くわけですから、倍率の下げとスピディーな値動きが
どう作用するのか楽しみでもありますね。

さてさて、今日のガソリン市況ですが、NYの一段下げ(63ドル後半に)
を受け安寄り、その流れを受け、前場は引けまで、下げ基調。。。
し、しかし、、後場に入り爆騰!!
現物需給の引き締まりという材料もあろうが、ここはやはり、
ここのとこの下げを売られすぎとみての形勢であろう。
NYでも65ドル台を回復しそうなところであり、明日も上げてくるの
ではなかろうか。。。

ひそかに注目しているゴムは、本日高騰。明日の様子をみたいところ
である。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。